御社のビジネス方法をビジネスモデル特許にする
H O M E 特許相談 セミナー情報 実  績 専門スタッフ 会社案内 お問い合せ
ビジネスモデル特許とは
ビジネスモデル特許の動向
BM特許の取得・活用ブログ
ビジネス特許八話
特許相談
ビジネスモデル特許セミナー
ビジネスモデル特許開発方法
ビジネスモデル特許開発
五つのステップ
ブレインストーミング八話
特許開発セミナー
特許の受託開発
実績はこちらへ
ビジネスモデル特許Q&A
ビジネスモデル特許で
よく聞かれる質問ベスト8
出願手続に関して
よく聞かれる質問ベスト8
ビジネスモデル特許が
取れない三つの理由
大学との取組み
慶応大学SIV
多摩美術大学
関連情報
関連リンク集
プレスリリース
ビジネスモデル特許
ニュース!
メールマガジン
著作権コンサルティング
メールマガジン 《特許の取り方・活かし方》

    登録 ・ 解除 ・ バックナンバー




購読
解除

【バックナンバー】 最新号から過去100回発行分を表示します。

2017/04/10 12:11
2016/06/23 10:42
2016/06/16 09:08
2016/06/08 19:52
2016/06/06 10:07
2014/10/09 13:37
2014/10/06 18:15
2014/06/26 12:16
2014/05/08 09:04
2014/05/08 08:55
2014/03/25 17:05
2014/02/28 12:10
2014/02/28 12:09
2014/02/20 14:17
2014/02/20 14:16
2014/02/17 10:07
2014/02/06 16:08
2013/12/19 17:50
2013/11/22 17:04
2013/11/05 18:03
2013/09/30 09:54
2013/08/23 17:04
2013/07/04 11:16
2013/06/21 15:06
2013/06/11 10:14
2013/05/17 17:58
2013/04/25 17:48
2013/03/22 18:06
2013/03/01 15:10
2013/02/15 18:04
2013/02/01 16:11
2013/01/18 16:43
2012/11/26 12:02
2012/10/24 16:24
2012/08/27 14:32
2012/06/19 15:01
2012/05/30 20:21
2012/05/11 18:36
2012/04/05 18:48
2012/03/23 17:22
2012/03/08 17:40
2012/02/22 16:43
2012/01/17 18:45
2011/12/26 18:01
2011/12/08 17:52
2011/11/22 18:58
2011/11/03 12:36
2011/10/20 19:46
2011/10/13 15:15
2011/10/06 18:34
2011/09/21 17:37
2011/09/21 17:34
2011/09/09 17:50
2011/08/26 19:12
2011/08/08 17:50
2011/07/25 15:59
2011/07/06 20:00
2011/06/30 23:14
2011/06/16 19:07
2011/06/02 18:47
2011/05/26 15:39
2011/05/19 19:15
2011/05/12 12:07
2011/04/21 15:47
2011/04/06 18:11
2011/03/24 17:18
2011/03/10 20:14
2011/03/03 14:54
2011/02/17 14:32
2011/02/04 12:19
2011/01/20 18:00
2011/01/06 16:44
2010/12/17 11:43
2010/12/02 14:03
2010/11/18 13:47
2010/11/04 15:13
2010/10/21 13:58
2010/09/30 11:35
2010/09/02 14:49
2010/08/19 15:33
2010/07/29 12:13
2010/07/15 17:29
2010/07/01 17:14
2010/06/17 17:31
2010/06/03 11:13
2010/05/20 15:02
2010/04/30 14:34
2010/04/21 15:22
2010/04/01 14:37
2010/03/18 14:08
2010/03/04 17:33
2010/02/19 15:12
2010/02/04 14:26
2010/01/21 14:49
2010/01/07 14:53
2009/12/24 15:03
2009/12/10 14:55
2009/11/26 15:46
2009/11/12 15:49
2009/10/29 14:34
【配信日時】  2014/03/25 17:05

【件名】

[特許の取り方・活かし方] 第131号

【本文】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

     [特許の取り方・活かし方] 第131号
                      (2014/03/25)

     □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「タイムスタンプの使い方と戦略的な活用方法」セミナー(無料)開催

身の回りにあるアイデア、デザインなどを創った証拠を残し、管理しておくことで、
著作権、営業秘密、先使用権などの権利により保護することができます。
日本および中国の「タイムスタンプ」を活用して、アイデアからデザイン、ノウハウなどを
どのように保護していくかについて無料セミナーを開催します。
皆様のご参加をお待ちしています。

期日: 平成26年4月18日(金) 15時〜17時

詳細・お申込みはこちらから
http://www.mekikicreates.com/html/seminar-20140418.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        ◆◆◆ 注目のニュース ◆◆◆

★ 海外への技術流出、発覚はほんの一握り 正社員の中途退職者が半数を占める
                         (J-CASTニュース)★
http://www.j-cast.com/2014/03/24199741.html


        ■□■ 今週のひとこと ■□■

東芝の最先端技術が、韓国メーカーに流出した疑いが強まっています。
警視庁は、東芝と提携関係にある米半導体メーカー「サンディスク」の元技術者を、
不正競争防止法違反(営業秘密侵害)容疑で逮捕しました。
技術流出は水面下で相次いでいるとみられており、企業側は「虎の子技術」を
守ろうと対策強化に乗り出しているが、根絶は難しいのが実情です。

流出した疑いがあるのは、「NAND型フラッシュメモリー」と呼ばれる半導体メモリーの
研究データです。
電源を切ってもデータが消えないのが特徴で、デジタルカメラやスマートフォンに
欠かせない部品です。
1987年に東芝が開発。現在も同社の稼ぎ頭で、韓国サムスン電子と世界シェア首位を
争っています。

元技術者は、同社の半導体メモリーの開発拠点に勤務していました。
2008年ごろ、営業秘密に当たる研究データを不正にコピーし、転職先の韓国
「ハイニックス半導体(現SKハイニックス)」に漏らした疑いが持たれています。
元技術者は「間違いありません」と容疑を認めているということです。

技術流出が明るみに出るのは、今回が初めてではありません。
2012年3月、工作機械メーカーの中国人社員が、設計図面を不正取得したとして、
愛知県警に逮捕されました。
同年6月には川崎市のプレス機械メーカーの元社員が、設計図面データを中国企業に
不正に流出させたとして、神奈川県警に逮捕されています。
刑事事件ではありませんが、2012年4月には、新日鉄住金が、高性能鋼板の製造技術を
元社員から不正取得したとして、韓国鉄鋼大手、ポスコを相手に約1000億円の損害賠償を
求め、東京地裁に提訴しました。

今回、東芝と米サンディスクは、韓国SKハイニックスに対し、損害賠償などを求める
訴えを起こしました。
東芝は「調査過程で看過できない不正の事実が発覚した。事業競争力の源泉である
技術の先進性を確保していくため、最善の情報漏洩防止体制の構築を図るとともに、
不正競争行為に対して断固たる措置を講じる」とコメントしました。
請求金額は明らかにしていませんが、1000億円レベルとされます。

経済産業省が2012年に実施した調査では、回答した約3000社のうち、過去5年間で
営業秘密の漏洩が「明らかにあった」(6.6%)「おそらくあった」(6.9%)が
計13.5%に上りました。
流出元は中途退職者(正社員)が50.3%と断トツで、現職従業員などのミス(26.9%)、
金銭目的などの現職従業員(10.9%)、取引先・共同研究先経由(9.3%)、
定年退職者(6.2%)――と続きます。

技術流出は、2008年秋のリーマン・ショック以降、拍車がかかったとみられます。
業績不振に悩む国内製造業が、大規模な人員削減を進めたためです。
韓国メーカーをはじめとする海外企業は、高額報酬で技術者の引き抜きを活発化させました。

企業側も、機密情報にアクセスできる人を制限したり、退職時に、情報漏れを禁じる
守秘義務契約を結んだりと、対策を進めています。

企業が機密情報を保護するには、日頃からどれが機密情報なのか明確にすること、
機密情報は、公開情報とは区別して管理することが必要です。
そのためには電子データにタイムスタンプを付与しておき、いつ誰がどのような情報を
保持していたのかを明確にしておく必要があります。
皆さんの機密情報・管理情報も流出・盗用されないために、日頃からタイムスタンプを
使って、保全しておくことをお勧めします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


      メールマガジンの配信登録/解除はこちら ↓
      ※ 安心して登録/解除していただくため、SSLによる暗号化を
      ※ 行っております。
      ※ このためURLが長くなっておりますが、ご安心ください。
http://mekikicreates.com/html/cgi-bin/magazine/rd.cgi?mid=1

         ご意見や特許相談など、お気軽にどうぞ。
           記事を転載する際は一言ご連絡を!
            メキキ・クリエイツ株式会社
           http://www.mekikicreates.com/ 
           担当弁理士:粕川 敏夫(かすかわ としお)
              mailto:office@mekikicreates.com
           TEL 03-5464-5185 FAX 03-5464-5184

    ――――――◆――――――◇――――――◆――――――
 
         ■ 著作権の相談はこちら
            http://www.copyright-mc.jp/
メキキLOGO メキキクリエイツ株式会社 TEL 03-5464-5185
office@mekikicreates.com